病気が原因で起こる口臭にはどんなものがあるの?

病気が原因で起こる口臭にはどんなものがあるの?

病気が原因で起こる口臭にはどんなものがあるの?

 

 

あなたが気になっている口臭は、どんなニオイですか?

 

鼻をさすようなツンと酸っぱいニオイでしょうか。それとも、魚や卵が腐ったようなムワッとしたニオイでしょうか。

 

もしも、あなたの口臭の原因が「病気」だとしたら、残念ながらセルフケアでは治せません。歯医者や内科にかかって治す必要があります。セルフケアで改善できる口臭なのか見分けるために、病気が原因の口臭についてご紹介します。

 

 

虫歯と歯周病が原因の場合

病気が原因で起こる口臭にはどんなものがあるの?
虫歯や歯周病が原因の場合は、「ムワッとした血なまぐさいニオイ」がします。
"口"臭というだけあって、一番多いのが虫歯や歯周病などの口内トラブルです。

 

ニオイの原因は、主にこの3つです。

 

  • 虫歯で歯が腐る
  • 歯周病で歯ぐきが腐る
  • 虫歯や歯周病で血や膿がたまる

 

 

歯や歯ぐきが腐った時に出る「腐敗臭」と、血や膿がたまった時の「生臭さ」が合わさると、何とも言えない嫌なニオイが出来上がります。

 

しかも口内は細菌が繁殖しやすい環境のために虫歯や歯周病が悪化しやすく、近づいただけでオエッと吐き気をもよおすほどひどいニオイになるのです。

 

 

消化器系が原因の場合

病気が原因で起こる口臭にはどんなものがあるの?
胃など消化器系に原因がある場合は、「おならや便にようなニオイ」や「卵や肉が腐ったようなニオイ」がします。

 

 

胃が弱っていたり調子が悪かったりすると、食べ物がうまく消化できません。
そして消化できずに残った食べ物は、胃の中で異常発酵して「腐敗臭」を出し始めます。
でも、胃の中で起こった嫌なニオイがどうして口から出てくるのでしょうか?それは、口と胃が食道でつながっているからです。胃の中で発生した嫌なニオイは、食道を通って口から出てきます。

 

 

なお、胃潰瘍や胃炎は喫煙や飲酒、食生活の乱れやストレスによって慢性化しやすいため、本人が口臭に気づいていないケースも多いです。

 

 

呼吸器系

病気が原因で起こる口臭にはどんなものがあるの?
肺など呼吸器系に原因がある場合、消化器系と同じで「おならや便のようなニオイ+卵や肉が腐ったようなニオイ」がします。
ただ、どちらかというと呼吸器系の方が「生臭い」ニオイです。

 

 

呼吸器系のトラブルで多いのが、気管支炎や喘息です。気管支炎や喘息になると痰が絡んだり、喉に炎症が起きて膿がたまってしまいます。

 

そして痰や膿が残ったままになると細菌がどんどん増えて、口臭が発生してしまうのです。

 

 

肝機能障害が原因の場合

病気が原因で起こる口臭にはどんなものがあるの?

 

肝臓の機能が悪くなっていると、「生乾きの雑巾のようなニオイ」や「玉ねぎの腐ったようなニオイ」がします。
症状がさらに悪化するとニオイは強烈になり、アンモニア臭を帯びるのが特徴です。

 

 

例えば、肝炎は悪化すると肝臓ガンに進行しますが、初期はアンモニア臭を伴わないことが多いです。
アンモニア臭が出始めたら、肝機能がすでに末期状態になっていると思った方がいいでしょう。

 

 

肝臓には、食べ物の栄養素を分解して、体が吸収しやすい形に変化させる役割があります。この時に分解の過程で発生するのが、アンモニアです。

 

 

本来なら肝臓は、アンモニアを尿素に変えて「おしっこ」として体の外に出します。でも、肝機能が低下しているとアンモニアが処理しきれず体内に残ります。
残ったアンモニアはそのまま肺に運ばれてしまうため、気管を通って口から嫌なニオイが出てくるというわけです。

 

 

耳鼻咽喉系が原因の場合

病気が原因で起こる口臭にはどんなものがあるの?
喉や鼻に病気がある場合は、「汚れのつまった排水溝のようなニオイ」がします。

 

ニオイの原因は、喉や鼻の奥にたまった膿(細菌の死骸など)です。喉に膿がたまっていると、息をするたびに膿のニオイがムワッと出てきてしまいます。
喉から嫌なニオイが出てきてしまうので、どんなに丁寧に歯磨きしても口臭はなくなりません。

 

ちなみに、鼻はニオイになれる習性があるので、ほとんどの人は自分の口臭には気が付かないと言われています。

 

でも、蓄膿症など鼻にトラブルを抱えているケースは別です。鼻の奥にたまった膿からニオイが出るため、他の人よりも自分の方が「クサイ!」と感じることが多いです。

 

 

 

腎機能障害が原因の場合

病気が原因で起こる口臭にはどんなものがあるの?
腎臓の働きが悪いと、「おしっこのようなニオイ(アンモニア臭)」がします。

 

腎臓には血液をろ過して、体に入らないものを尿として体の外へ出す役割があります。でも、腎臓の働きが悪いと尿がうまく排出できません。

 

そして排出しきれなかった尿素が、血液に混ざって肺に到着すると吐く息にアンモニア臭が混ざります。
これが、おしっこ臭い口臭の正体です。

 

 

 

糖尿病が原因の場合

病気が原因で起こる口臭にはどんなものがあるの?
糖尿病が原因の場合は、「リンゴが腐ったような甘酸っぱいニオイ」がします。
このニオイは、アセトン臭(甘酸っぱいニオイのこと)と呼ばれるものです。

 

糖尿病の人はインスリンが不足しているので、糖分を分解してエネルギーを作り出すのが苦手です。エネルギーを糖分から得られないので、体は脂肪やたんぱく質を分解してエネルギーを作ろうとします。
この過程で生まれるのが、甘酸っぱいニオイを出すケトン体です。

 

 

「甘酸っぱいニオイ」というと聞こえはいいですが、要は果物が腐ったようなニオイです。
糖尿病だとすぐに分かる独特の口臭に悩まされている人は多いです。

 

 

 

カンジタ感染が原因の場合

口内のカンジタ菌が異常繁殖すると、「うっすら焦げ臭いニオイ」がします。

 

カンジタというと性感染をイメージする方が多いかもしれませんね。でも、カンジタ菌は皮膚や腸管、口の中など、どこにでもいる良い菌(常在菌)なのです。

 

しかし体調が悪かったり、ストレスがたまって免疫力が落ちていたりすると、口内のカンジタ菌が増えすぎてしまいます。増えすぎたカンジタ菌は、頬の内側や舌の上に付着して嫌なニオイの原因となってしまうのです。

 

口内のカンジタが原因の症状は「口腔カンジタ症」と呼ばれます。口腔カンジタ症は大人だけでなく、小さな赤ちゃんでもかかる可能性がある病気です。

 

 

 

トリメチルアミン尿症が原因の場合

トリメチルアミン尿症が原因の場合は、「魚が腐ったような生臭いニオイ」がします。口臭だけでなく体臭も魚の腐ったようなニオイになるため、「魚臭症」とも呼ばれます。

 

この病気になると、食べ物に含まれるトリメチルアミンが分解できません。その結果、トリメチルアミンが息や尿と一緒に出るため、魚臭さが気になるようになります。

 

 

トリメチルアミン尿症は非常に珍しい病気なので、口臭だけが魚臭いのなら基本的には心配いらないでしょう。でも、体臭や尿も同じようなニオイがするようなら、一度受診された方が良いかもしれません。

 

 

 

ちょっと待ってその口臭、病気じゃないかも!

病気が原因で起こる口臭にはどんなものがあるの?

病気が原因の口臭をたくさん紹介したので、「私も病気では?」と不安になっている方は多いかもしれません。
でも、病気が原因の口臭の割合は1割以下だと言われています。

 

つまり口臭で悩んでいる人のほとんどは、生活習慣や歯磨きがニオイの原因です。
生活習慣が原因の口臭ならちょっとした心がけや、口臭アイテムを使ったニオイケアで良くなります。

 

 

 

以下に口臭が起こりやすい生活習慣をまとめましたので、さっそく確認してみてください。

 

 

  • 口の中がネバネバする
  • あまり水を飲まない
  • コーヒーなどカフェイン飲料をよく飲む
  • 甘い食べ物が好き
  • ニオイの強い食べ物が好き
  • タバコを吸っている
  • ストレスを感じることが多い
  • 舌の表面が白っぽい
  • 毎食後歯磨きをしていない
  • 歯磨きにかかる時間は2〜3分

 

 

いかがでしょうか。
これらに1つでも当てはまる人は、口臭グッズを使ってニオイを改善できる可能性が高いです。

 

 

ただし口臭グッズはいろいろありますし、それぞれ価格や特徴、成分が違います。自分にピッタリの口臭グッズを見つけるためには、まずは自分の口臭の原因を見つけることです。

 

そして、原因に応じた口臭グッズを使うことをおすすめいたします。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。
管理人が実際に使ったおすすめの口臭グッズ>>